もしかするとワキガかもしれないと気になる場合には、耳垢や両親から受け継いだ体質、服の色移りなどで確認できます。また、臭いを視認できるチェッカーを使うことも可能です。セルフケアもできますし、病院に行けば根本的な治療ができますので、悲観する必要はありません。

ワキガの原因について

ワキガをセルフチェック|セルフチェック後はワキガレベル別の対策を知ろう

1,535,818人がこのページを参考にしています。

更新日:

今すぐできる!ワキガをセルフチェック

ひょっとして私って臭いのかな、なんて悩んだ経験がある人、きっと少なくありませんよね。

キツいワキガだとさすがに自覚も早いものの、何となく臭っているかもしれない、鼻が慣れてしまっているだけで他人からは気にされているかもしれない、そんな不安もあります。

気がつかないうちに迷惑をかけていたらと考えつつも、なかなか聞けないそんなデリケートな臭いの悩み。

セルフチェックで解決していきませんか。

自分でできるワキガのセルフチェック項目!

①耳垢がしっとり湿っている

ワキガの原因は2つある汗腺のうち、アポクリン汗腺から出る汗の量にも影響するもの。

この働きが活発な人は、ワキと同じくアポクリン汗腺が多い耳垢が湿っている割合が多いんです。

②両親がワキガ

アポクリン汗腺の量は遺伝に左右されます。

ですから両親、もしくはどちらかがワキガならその体質を受け継いでいる可能性が十分にあります。

③服が変色する

アポクリン汗腺は多くのタンパク質や鉄分、そして色素の1種を含んでいるというのが特徴。

白い服を着てワキの部分だけが黄ばんでしまう人は、臭いの元になる汗がたくさん分泌されていることが考えられます。

ワキガのセルフチェックは機械でも可能!

感覚的なものだけではちょっと不安。

臭いが数値化できればいいのに。

実は、そんな機械があるんですよ。

手の平サイズのアイテムはその名も「Kunkun body」。

こんな仕組みで臭いを測定できちゃうんです。

①臭いを波形化してスマホで確認

いわゆるガス感知器のように臭いをセンサーで調べて、bluetoothで連動したアプリが具体的に数値に表してくれます。

②ワキガ以外にもいろいろな臭いを調べられる

汗の臭い、脂臭に加齢臭、そして口臭などさまざまなタイプの臭いの検出が可能。個別、合計臭がわか

りやすく表示されるので対策に活かしたいですね。

③気になる部分にかざすだけ

使いかたは簡単。

ワキやうなじ、足など臭いが気になるところにKunkun bodyをあてて0から100までの臭い数値をチェックするのみ。

詳しくは、コミカミノルタのKunkun body公式ホームページを確認してみてくださいね。

重度のワキガの場合はクリニックでも対策をオススメします!

①ワキガは治療できる

ワキガは体質。

それなら治せないのかなと諦める必要はないんです。

根本的な解決をするための治療方法がいくつもあるんですよ。

②切らないワキガ手術も可能!

最新のワキガ手術ではワキを切らずに治療することができるので手術跡が残ることは少ないんです。

その分費用もかかりますが、永久的な対策をしたい方はぜひ確認してください。

 ワキガ手術について詳しく知る

③まずは実績のあるクリニックでカウンセリング

聖心美容クリニックや湘南美容外科クリニック、それに東京美容外科など、ワキガ治療に力を入れている病院なら、適切な治療方法を提案してもらうことが可能。

無料カウンセングやメールで気軽に相談してみると、専門医の視点でアドバイスをもらえますよ。

 お近くのワキガ手術が可能なクリニックを知る

地域 都道府県
北海道・東北 北海道/青森/秋田/山形/福島/宮城/岩手
関東 群馬/埼玉/神奈川/千葉/茨城/栃木/山梨/東京
信越・北陸 新潟/長野/福井/石川/富山
東海 静岡/愛知/岐阜/三重
関西 滋賀/奈良/和歌山/大阪/兵庫/京都
四国 香川/徳島/高知/愛媛
中国 岡山/広島/山口/島根/鳥取
九州・沖縄 福岡/大分/宮崎/熊本/佐賀/長崎/鹿児島/沖縄

ワキガのセルフチェックでレベル別の正しい対策を知ろう

臭いかもしれないというワキガへの疑念を捨てきれないかた、数値化されることで初めてワキガを自覚するかた、いずれの場合もワキガだからといって諦めることはありません。

思春期頃、ちょうどワキ毛が生え始める頃から臭いが強くなりますが、アポクリン腺から出る汗と雑菌と混ざり合うのを防ぐワキガクリームを使ったり、病院で治療を受けるなど、有効臭い対策がいろいろと選べます。

これを機会に、両親や兄弟など身近な人に臭うかどうか聞いてみるのもいいかも知れませんね。

そのまま悪臭を放置しているのが一番の悪手。

食生活を和食中心にしたり、こまめに汗をかく運動習慣をつけたり、清潔に保つように意識するだけでも軽減できるものですから、積極的にケアに取り組んでいきましょう。

-ワキガの原因について

Copyright© ワキガ対策プロ , 2019 All Rights Reserved.