両親がワキガである場合お子様にワキガが遺伝して可能性があります。ワキガは第二次性徴期の頃から症状が現れ始めます。もしお子様がワキガであった場合はしっかりと対策をしてあげることで解決することが可能です。クリニックで治療する以外にもワキガクリームなど自宅でできる対策法もあるのでお子様と相談して対策方法を決めましょう。

ワキガの原因について

ワキガの遺伝の確率|ワキガが遺伝した場合の治療・対策について解説!

1,535,790人がこのページを参考にしています。

更新日:

ワキガ 遺伝

ワキガは子供に遺伝するってホント?

近年では食事等が変化してきたことから日本人の方でも体臭トラブルを抱えている人がいらっしゃいます。

体臭トラブルの一つであるワキガは独特のニオイがあるなど周囲の人にも影響が出てしまうため困っている方がたくさんいらっしゃいます。

もし自分がワキガで子供に遺伝してしまうのであれば早期に対策をしてあげる必要があります。

今回の記事ではワキガは子供に遺伝するのか、子供のワキガ対策はどのようなものがあるか等をご紹介していきます。

ワキガの遺伝の確率について解説!

ワキガは子供に遺伝する可能性がある

ご両親のどちらかがワキガであるとお子様にワキガは遺伝する可能性があります。

ワキガとはアポクリン汗腺と呼ばれる汗を分泌する器官が関係しているといわれています。

アポクリン汗腺の数が多い、大きい、活発に活動しているといった条件でワキガになってしまいます。

これらの条件は遺伝が深く関係しており、ご両親のどちらかのアポクリン汗腺がワキガの条件に当てはまっているとお子様もワキガになってしまう恐れがあります。

ワキガが遺伝する確立

ワキガがお子様に遺伝してしまう確立はご両親のどちらかがワキガである場合か両方がワキガである場合によって変わってきます。

もしご両親のどちらかがワキガであるとお子様に遺伝する確立は50%であると言われています。

ご両親のどちらもワキガであった場合は80%の確立でワキガは遺伝してしまう可能性があります。

ワキガが遺伝しやすいのは優性遺伝のため

遺伝には優性遺伝と劣性遺伝と呼ばれるものがあります。

優性遺伝とは遺伝が現れやすい性質を持っているもの、劣性遺伝とは遺伝が現れにくい性質を持っているものになります。

優性遺伝の例としては髪の毛の特徴や皮膚の色、身長といったものが挙げられます。

ワキガも優性遺伝であるためもしご両親のうち片方がワキガであると遺伝が現れやすくなるという訳です。

両親共にワキガであると優性遺伝の為100%遺伝してしまうのではないかと思われるかもしれませんが、ご両親の遺伝子の組み合わせにより遺伝は変わるので必ずワキガになるとは言えません。

ワキガが遺伝して症状が現れる年齢について

もしお子様にワキガが遺伝していた場合何歳の頃からワキガの症状が現れるようになるのでしょうか。

ワキガはアポクリン汗腺が関係しており、アポクリン汗腺が成長を始めるまでは判断ができません。

アポクリン汗腺が成長を始める時期は第二次性徴期からであると言われています。

第二次性徴期に突入する年齢は男の子と女の子で少しの違いがあります。

一般的に男の子は9歳から、女の子は7歳ごろから第二次性徴期になると言われています。

身長が急激に伸び始める、声変わりが始まる頃が第二次性徴期です。

もしお子様にワキガが遺伝しているとこの歳になったあたりから症状が現れてくる可能性があります。

ワキガが遺伝した場合の治療・対策について

もしお子様がワキガになっていてクリニック等にて治療を受けさせようと考えている場合、まずお子様にかかる負担についてよく考えるようにしましょう。

アポクリン汗腺を除去する施術を行う場合、方法によってはわきを切開することもあります。

お子様にとって手術は決して気軽に行えるものでもありませんし、傷跡が残ってしまう恐れもあります。

また手術をしても再発してしまうといったリスクもあります。

その為ご両親だけで治療を受けさせようと考えるのではなく、お子様と相談をするようにしましょう。

お子様が治療を受けたいと思っている場合

お子様と相談をしてワキガの治療をしたいと思っている場合にはまず無料カウンセリングを受けるようにしましょう。

聖心美容クリニック、湘南美容外科クリニック、東京美容外科 といったワキガ治療において実績をしっかりと持っているクリニックにてカウンセリングを受けることでお子様に合った最善の治療方法を提案してもらうことができます。

無料カウンセリングをすることでクリニックの雰囲気、信頼できるかといったことを見極めることができます。

お子様、ご両親共に納得できるクリニックで治療を受けるようにしましょう。

 お近くのワキガ手術クリニックを知る

地域 都道府県
北海道・東北 北海道/青森/秋田/山形/福島/宮城/岩手
関東 群馬/埼玉/神奈川/千葉/茨城/栃木/山梨/東京
信越・北陸 新潟/長野/福井/石川/富山
東海 静岡/愛知/岐阜/三重
関西 滋賀/奈良/和歌山/大阪/兵庫/京都
四国 香川/徳島/高知/愛媛
中国 岡山/広島/山口/島根/鳥取
九州・沖縄 福岡/大分/宮崎/熊本/佐賀/長崎/鹿児島/沖縄

クリニックに行く事が難しい場合

お子様によってはクリニックに通うことに抵抗がある場合もあります。

そういった際には無理に連れて行くのではなく、ワキガクリームなどを用いてご自宅でワキガ対策をしてあげるといいでしょう。

ワキガクリームはしっかりと使用してあげることでワキガの症状を緩和してくれますのでオススメです。

ワキガの遺伝の確率が高い海外の方の対策法を紹介!

海外ではワキガ体質であるという方は多く、日本ではワキガ体質の人は10%程といわれているのに対して欧米人では80%の方がワキガ体質であるといわれています。

ワキガ体質の多い海外の方はどのようなワキガ対策をしているのでしょうか。

デオドラントクリームで対策する

海外の方のワキガ対策としてよく見かける方法はデオドラントを使用する方法です。

海外のデオドラントはニオイが強めでワキガのニオイもしっかりとケアしてくれます。

また制汗効果の高いデオドラントなどもあるのでしっかりとワキガを対策できるようです。

海外でも人気のデオドランドクリーム!

海外製でオススメのデオドラント商品はデトランスα、デオエースが挙げられます。

どちらも制汗効果に優れておりアポクリン汗腺から分泌される汗をしっかりと防いでくれます。

ただ海外の方に向けて作られている商品の為刺激が少し強く肌に合わないという方もいらっしゃいます。

もし肌に合わないといった場合には、日本人の方の肌質等に合うクリアネオがオススメです。

クリアネオはワキガクリームなので一度塗ると汗などで流れ落ちにくいです。

その為しっかりとワキガを防いでくれます。

遺伝の確率が高いワキガはしっかりと対策しよう!

今回は子供にワキガは遺伝するのか、ワキガ対策はどのようなものがあるかなどをご紹介してきました。

もしお子様がワキガであった場合でもしっかりとした対策をしてあげることでニオイなどを防ぐことができるので大きな問題ではありません。

ワキガが発症し始める年齢のお子様は非常に敏感な時期でもあるのでワキガであったとしても慌てるのではなく不安を解消できるように対応してあげましょう。

ワキガは気にしてしまうとより汗をかいてしまいニオイが強くなるといったこともあります。

ワキガであっても気にすることは無いといったことを教えてあげるようにしましょう。

-ワキガの原因について

Copyright© ワキガ対策プロ , 2019 All Rights Reserved.